BLOG

BLOG

- スタッフブログ

土地の価格

不動産の売却の時、どのように価格を決めているのか?

住宅を買い取る場合 土地価格と建物価格とに分けて考えます。

今回は土地の価格についてお話しします。

土地には国や市町村が決めている価格があります。・公示地価・相続税路線価・固定資産税評価額等です。

・公示地価は土地鑑定委員会が毎年1回標準的な土地について正常な価格として一般の方に示すものとして毎年公示されます。

・相続税路線価は毎年7月1日を基準日として相続税にかかる課税標準額を求めるためのものです。国が公示する路線価というものです。

・固定資産税評価額は3年に1回個々の土地に対して市町村が固定資産税の課税標準額を求めるためのものです。

相続税路線価や固定資産税評価額は実際の土地の売却価格とは違います。

公示地価もある一定の場所での価格です。大体の相場は分かってもその土地によって価格は変わってきます。

弊社では公示地価、販売成約事例などをもとに、土地の形状、接道状況、近隣の状況等、しっかり現地調査をしたうえで、査定していきます。

小さな土地に建っている住宅なんて場合も場所や条件次第では思った以上の価格になることもあります。まずは一度ご相談下さい。

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >