BLOG

BLOG

- Tips

マイナスをプラスに変えた買取事例

不動産を売却するにあたり、なかなか買い手が見つからないことがあると思います。駅や学校が遠かったり、そもそもエリアが不人気だったり、努力で何ともできない理由もあるかと思いますが、ほとんどは「建物の状態が悪い」や「間取りの使い勝手が悪い」などの快適さに関わる問題だと思います。

私が以前に買取った物件は、2階に洋室が4室あったため部屋数は申し分なかったのですが、リビングがとても狭く、ソファなどを置くスペースがありませんでした。家族みんなで寛げるスペースは、リビング横の和室のみ。それが原因で売却にとても苦労をされていたようです。一般の方が購入される場合は、そのままの間取りで住み続けなければなりません。なので間取りが気に入らない物件は、きっと購入されないでしょう。

私がその物件を買取ろうと思ったのは、間取りの不便さを解消できれば売却できる自信があったからです。和室とリビングを繋げ、開放的な空間へ変更し、リノベーション住宅として再販することを決めました。売却が決まり、売主様にはとても喜んでいただけました。そしてリビングの広さを売りにし、再販もスムーズに進みました。

ご自宅の売却で行き詰ってしまったら、決して諦めずに、一度ご相談ください。リノベーションを手掛ける業者ならではの買取査定をさせていただきます。

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >