BLOG

BLOG

- Tips

瑕疵担保責任がなくなる?業者買い取り

中古不動産の売買を行うには色々な決まりや責任がついてきます。その中に瑕疵担保責任というものがあります。中古不動産の売買では特に重要な事の一つで売買後のトラブルになりかねません。

では、瑕疵担保責任とは何か?

中古不動産でいうと売買後に発覚した不具合や欠陥を瑕疵と言います。

たとえば、雨漏りや白蟻被害などです。売主様は売買契約前に物件の状況等を説明する義務がありますが、そこでは分からなかった隠れた瑕疵が存在することがあります。

民法上では買主様は瑕疵発見後一年以内であれば売主様へ責任を求めることができると定めています。これを瑕疵担保責任といいます。

ですので、売主様は瑕疵担保責任の対象期間内に瑕疵が発見されないか心配しなくてはいけません。

そこで、業者買い取りです。

タカオエステートでは売主様の瑕疵担保責任がなくなる弊社での買い取りを強くお勧めいたします。不動産の売却をご検討中の方は売却後トラブルのない【タカオエステート】に是非一度ご相談ください。

 

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >