COLUMN

COLUMN

不動産の買い取り業者とは?

私達、買取専門業者の多くは個人所有の住宅を直接買い取り、リフォームを施し、再販売を行っています。
不動産の売却において、仲介会社に依頼すると、売買価格の 3%+6 万円が手数料として掛かりますのでその分を差し引いた金額が売主様の手元に残る計算となります。
業者買い取りの場合、売主様から買取業者へ直接ご依頼いただければ、仲介手数料は掛かりません。

仲介による売買の査定では一般的に近隣物件の価格や取引事例、公示価格や路線価、経過年数、使用の状態等をふまえた「市場価格」を調査し、査定を行います。

一方、買取業者の査定は、
買取価格(売主様売却価格)+取得にかかる費用(登記費用や税)+リフォーム費用+再販広告費等が原価となり、再販価格(買主様購入価格)と原価の差が買取業者の利益となる為、再販価格から逆算した査定となります。

買取業者は安く買い取りをすれば、当然利益が増える為、「業者買取は安い」が一般的なデメリットと言わ
れています。

次に買取のメリットです、
これは、「自分の好きなタイミングで売却できる」が一番大きいのではないかと思います。
業者自身が買取しますので、できるだけ早くとか何年何月何日とか、決済日を売主様ご自身で決めることができ、引っ越しまでのスケジュール調整が可能です。
他には、瑕疵担保責任免責(建物に不具合があっても売主様責任免除の為、住宅に不具合があってもそのままの状態で売却できます。)や、売主様居住中の広告宣伝活動が無い、買取業者との間で決めた査定価格がそのまま売買価格になる等。本当にざっくり言うと「話が早い」です。

業者買取再販物件とは業者が中古住宅の買取を行い、リフォーム・リノベーションを施し、再度、販売を行う物件のことです。ですので、業者買取再販物件は中古住宅の買取を行わなければ始まりません。
より多くの利益を生むために、買取業者は販売価格を上げたり、原価を下げたりと一生懸命です。とは言っても、手っ取り早いのは「安く仕入れる」ことになると思います。
よく知られているのが事故物件や競売物件、「売れない物件」を安く仕入れることです。そのせいか買取業者のイメージが暗く、怪しいものになってしまい、「安く買い叩かれる」や「足元を見られそう」等で売主様が直接相談しにくくなってしまっているとも感じています。

とはいえ不動産業界も年々変化しています。上のような業者は一昔前のお話。
今は、業者買い取り再販物件に対し、一定の工事を行った物件には登録免許税や不動産取得税の軽減や、法人が売主の場合の住宅ローン減税枠の拡大、業者売主の場合の既存住宅瑕疵保険の充実等々の環境整備が進められ、買取再販は住宅市場にも広く受け入れられてきています。
また、買取業者間での競争もあって、売主様の足元を見るような事もほとんど無いと思います。

(少なくとも当社では絶対にしません。)
タカオエステートではお客様から、直接「売りたい」のご相談を受け、前述のメリット・デメリットを考慮したうえで、でき得る最大のメリットを売主様にご提供し、ストレスのない売却へと導いています。

次は近年、既存住宅流通市場の中で、業者による買取を選択する人がどれくらいいるのかを調べてみました。

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >