BLOG

BLOG

- スタッフブログ

バルコニー防水を行いました。

中古住宅のリフォーム工事でバルコニーにFRP防水改修工事を行いました。
FRPとは、繊維プラスチックの略称でガラス繊維のような強化剤で補強された
プラスチックで、耐水性や強度にすぐれ衝撃にも強いことから、バスタブなどにも使われています。
施工方法は、プライマー塗布 → 防水用ポリエステル樹脂塗り → 防水用ガラスマット敷き → 防水用ポリエステル樹脂塗り → 仕上げ
防水保証内容は、10年間保障付です。
バルコニーの床は紫外線や雨の影響を受けることで、防水層は経年劣化していきます。
2階にバルコニーその下階がリビングや居室などの建物ですと、防水の劣化などにより雨水が浸入して1階のお部屋で雨漏れが発生する場合があります。
このような事が起きる前に、バルコニーの床の状態を一度見ていただく事を、お勧め致します。
ひび割れや、剥がれ、膨れたなど、気になる箇所がございましたら、お気軽にご相談下さい。
弊社では現地調査を行い、FRP防水以外でも水性塗膜防水など、バルコニーの状態を調査した上で、ご提案させていただき無償で御見積り致します。

 

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >

「確かな再販力から生まれる納得の買取価格」
今すぐWEBで簡単査定申し込み

中古住宅・不動産売却の相談窓口  TEL 0120-553584