BLOG

BLOG

- スタッフブログ

住宅ローンが残ってる

ローン返済の途中で、住宅や土地を売却したくなったらどうすればいいのでしょうか。

住宅を購入する際は、たいていの方は銀行など金融機関でお金を借りて(いわゆる住宅ローン)購入するのが一般的です。

金融機関は高額な資金を一括で貸して月々返済してもらいます。しかしもし途中で回収できない場合のことを考え対象の土地・建物に担保を付けます。それが抵当権の設定です。

お金を貸す側(抵当権を付ける側)を「債権者」、お金を借りる側を「債務者」といいます。

抵当権が付いたままでは勝手に売却することはできません。

 つまり住宅ローンが残っている状態では簡単に売れない。完済しないと売却できないということです。

不動産の売却価格がローンの残債より高ければ一括返済という形で売却時に抵当権の同時抹消手続きはできますが、もし売却価格が残債より安かったら、、、、

ただ、債権者と話合いをして残債があっても売却できる方法もあります。

任意売却といいます。債権者と債務者が合意のもと住宅を売却しても残ってしまう債務を無理なく返すことができる返済計画も立てることができます。専門コンサルタントを挟んだ話し合いの場では、債権者からの合意が得られれば無理のない少額返済の可能性も模索することができるのです。

あと引越し費用であったり、引越し時期の猶予もうけられやすいです。

タカオエステートではそういった債権者との話合いも行います。

もし不動産の売却時に住宅ローンが残っていても弊社に一度ご相談ください。

お客様にとってよりよい提案をさせていただきます。

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >

「確かな再販力から生まれる納得の買取価格」
今すぐWEBで簡単査定申し込み

中古住宅・不動産売却の相談窓口  TEL 0120-553584