BLOG

BLOG

- スタッフブログ

自然災害のリスクが一目でわかる

国土交通省が公開している「重ねるハザードマップ」はご存じでしょうか。身近な河川の洪水浸水想定区域を確認する事ができます。ここ数年甚大な被害を生む自然災害が相次いでおり、住宅事業社にとっても非常に重要な情報で住宅の買取においても重要な言葉になってきます。これまでは各地方整備局が、ホームページで河川にのぼる水系の洪水浸水想定区域(想定最大規模)を公表しておりました。今回、国土交通省は、この情報をハザードマップポータルサイトの「重ねるハザードマップ」で簡単に見ることができるようになりました。住所検索機能やGPS機能を使うことで、指定の場所の土砂災害警戒区域等、津波浸水想定、そして洪水浸水想定という防災に役立つさまざまなリスク情報を地図上に重ねて表示することができます。自然災害が相次ぐなか国の自然災害に対する取り組みも進んでおり、今後こうしたリスクが住宅の取引価格に反映される可能性もあり、買取金額や買取の可否にも大きくにかかわってきますので売却をお考えの方や、ご自宅が気になる方は一度確認してみてはいかがでしょうか。

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >