BLOG

BLOG

- スタッフブログ

不動産売却でやってはいけないこと!

不動産を売却する流れで多いのが

①仲介業者を通して売却活動する

②3ヶ月くらいして売れなければ値段を下げる

③それでも売れなければ買取業者へ売却する

②で決まればまだいいのですが、③までいくと、最初に希望した売却価格との開きに驚かれるかもしれません。

 

さて本題ですが、買取業者への売却を検討するとき、きっかけは何でしたか?仲介業者から提案されましたか?仲介業者が連れてきた買取業者にお宅を見せようとしていませんか?ここで売却を決めると、仲介業者へ「仲介手数料」を支払う必要があります。売れなくて金額を下げ、それでも売れずに買取価格まで金額を下げ、さらには仲介手数料を支払う。手元に残るお金が少なくなってしまいます。

買取業者への売却を検討するも、少しでも多くお金を残したい方は、ぜひご自身で行動してください。買取業者も宅地建物取引業者なのです。仲介業者を通さなくても不動産の取引ができるプロです。直接取引をすることにより、あたりまえですが仲介という取引が発生しません。仲介手数料を払う必要がなくなるのです。

「仲介業者に任せているから」と、買取のことまでも仲介業者の指示通りにしてはいけません。

仲介さんとも縁や情があるのでお断りするのは気が引けるかもしれませんが、買取のことまでお願いしなくていいんですよ。

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >