BLOG

BLOG

- スタッフブログ

「なかなか売れない…」仲介業者を信用しすぎていませんか?

不動産の売却を考えたとき、ほとんどの方は仲介業者へ売却の依頼をされると思います。
何も知識がない状態で不動産業者へ足を運び、「言われるがままに媒介契約書を書いてしまった」という方も多いのではないでしょうか?
仲介業者との取引で注意していただきたいこと。仲介業者の「囲い込み」です。囲い込みとは、仲介業者が物件を他社へ流通させることなく、自社が媒介契約を行っている顧客の中で売却・購入を完結させることです。
いわゆる仲介手数料を両手で取得することを狙い、同業他社が介入する売買契約の成立を妨げる行為を言います。
不動産業者が仲介で得る手数料は、「成約価格の3%+6万円(400万円超の場合)」×2が限度となります。

 

【片手仲介】自社:売主より制約価格の3%+6万円
      他社:買主より制約価格の3%+6万円
【両手仲介】自社:売主より制約価格の3%+6万円
      自社:買主より制約価格の3%+6万円

 


このように、両手仲介の場合は片手仲介の場合の2倍もの仲介手数料を取得することができるのです。
そのため大手仲介業者など、自社で買主を見つけられる業者は他社からの問合せに対して「商談中」や「成約済」と嘘をつき、物件の紹介を拒否することがあるのです。
仲介業者が自社の利益のために売却の情報を公開しなかった場合、犠牲になるのは売主です。本来であれば広いターゲットに情報がまわり、希望の金額で売却できたものを、囲い込みのせいでなかなか売却できずに値下げに追い込まれる可能性もあります。
仲介業者の利益追求のために、顧客が犠牲になるということは絶対にあってはいけないことです。
では、どのようにして囲い込みを回避すれば良いのでしょう。

 

【レインズを頻繁にチェックする】

 

レインズには不動産業者により取り扱われている物件情報のほとんどが公開されています。レインズをチェックすることで、現在の物件状況を知ることができます。
囲い込みが問題とされる以前は不動産業者のみが見られる閲覧システムでしたが、現在では不動産業界のクリーン化をはかるために売主にも情報の一部が公開されています。
まずは、売主としてレインズの登録証明書を受け、売主向けの確認画面を定期的にチェックしてください。これにより、自分が販売を委託している物件情報を知ることができます。
まだ売却されていないのにレインズに情報がない、身に覚えがないのに「売主都合で一時紹介停止中」「書面による購入申し込みあり」となっているといった場合は、囲い込みが考えられます。
仲介業者の動きに不信感を感じた場合は、すぐに確認が必要です。

 

【買取金額の相見積もりをとる】

 

1社にだけ売却依頼をした場合、その金額が適正であるか判断がつかないかと思います。
そこで他の仲介業者へも相談していただきたいのですが、気を付けてもらいたいのは「仲介業者が直接買ってくれる訳ではない」ということ。
媒介契約を獲得するために、他社より高い査定金額を出してくる業者もいます。なぜなら自社で購入する訳ではないため、リスクがないからです。そういった仲介業者へ依頼すると、売却まで時間がかかり、結局値下げをすることになります。
そこでおすすめしたいのは、「買取業者へ査定を依頼する」ことです。
それによって確実に売却できる金額がわかるため、仲介業者の査定金額が相場と大きく外れていないかチェックすることができます。

 

皆様の大切な資産を適切な金額で売却するためには、仲介業者へ任せきりにしないよう心掛けてください。
もし現状の査定金額、売却活動に不安を感じた場合にはタカオエステートにご相談いただけたらと思います。
 
<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >

「確かな再販力から生まれる納得の買取価格」
今すぐWEBで簡単査定申し込み

中古住宅・不動産売却の相談窓口  TEL 0120-553584