BLOG

BLOG

- スタッフブログ

転勤になった場合、不動産を売却にするか、賃貸に出すか

新築住宅を購入したと思ったら、突然の転勤になってしまったというケースあると思います。転勤から戻って来たときを考え、空家として保有するか、賃貸として人に貸し住宅ローンを返済していくか、または売却してしまうかで悩まれている方は多いと思います。どれが一番良い選択かはその人の状況にもよると思いますが、それぞれメリット、デメリットがあることを理解して選択して頂きたいと思います。

空家を検討する場合

メリット①いつでもすぐに住むことができる。②新築住宅を保有し続けることができる。

デメリット①住宅ローンを支払わなければならない。また、転勤先で賃貸として住む場合、賃料もかかるため支払いが高くなる。②固定資産税や都市計画税等諸経費がかかる。③空家の場合、定期的に空気の入れ替え等をする必要がある。(長期間なにもしないで保有すると住宅の劣化が早まる。)④外壁等の修繕費がかかる。

賃貸を検討する場合

メリット①賃料収入を住宅ローンの返済に回すことができる。(但し、住宅ローンは購入者が居住することを目的として資金を銀行から借りていることから、人に貸すことは契約違反となる場合があるため、事前に銀行へ相談することが必要となります。)②将来的に居住することもできる。

デメリット①借りてが見つかるまで、住宅ローンの返済など費用がかかる。②賃借人の募集、内見案内、契約、賃料回収、設備の不具合による対応等、色々と手間がかかる。賃貸管理会社を利用する場合は、手数料を支払う必要がある。③賃借人がいる場合、退去してもらうまでに時間がかかる。

売却を検討する場合

メリット①不動産を売却することでまとまった現金が手に入る。

デメリット①住宅ローンの残債がある場合は、残債を下回って売却できないため、売却ができないケースがある。②仲介手数料等売却に対して費用がかかる。

以上のように、それぞれメリット、デメリットを踏まえてもっとも良い選択をして頂ければと思います。

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >

「確かな再販力から生まれる納得の買取価格」
今すぐWEBで簡単査定申し込み

中古住宅・不動産売却の相談窓口  TEL 0120-553584