BLOG

BLOG

- Tips

遠方へ引越す場合の不動産売却の仕方

「県外に引越すんです。だからなるべく早くこの家を売りたいんです。」

このような声をよく聞きます。引越される前に売却を済ませなければ、手続きの為にあちらこちら行くことになり、わずらわしいですね。できればすべての用事を完了させてから引越されたいことでしょう。

しかし不動産売買の決済というものは、買主に不動産の所有権が移転する日です。当然、売主は引越しを済ませ、家の中をすべて空にし渡さなければなりません。忙しい方だと、往復の移動時間も取りづらいですね。

それでは決済を終えて数日間、引渡しの猶予を与えてもらい、引越しをしようと考えられるかもしれません。売主にとっては都合が良いですが、買主にとっては、お金を払い、所有権が移転され自分の不動産になっているのにも関わらず、前所有者が住んでいる状況になります。数日間の家賃相当額を取り決め、書面を通じて約束をすることになるでしょうが、買主にとってはわずらわしいことです。

そこで、お互いが気持ちよく売買するために、不動産の買取を専門にしているタカオエステートに相談するのはひとつの手です。

どんな猶予期間にもお応えできるわけではありませんが、一度ご相談ください。個人間売買では実現できないような条件でも、検討させていただきます。

もちろん、「とにかく急いで売却したい」そんな声にもお応えします。

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >
0120-553584