BLOG

BLOG

- スタッフブログ

空家の活用方法

こんにちは タカオエステートの買取ブログをお読みいただきありがとうございます。

最近弊社へも「両親が住んでいた実家を相続したが住み手がいないので売却を検討したい」とのお問い合わせを多くいただきます。ほかにも「遠方で一人暮らしをしていた親を呼んで一緒に住むことにした」「親が介護施設に入った」――さまざまな理由で、実家の住み手がいなくなり、空き家を所有する人が増えています。

「空家対策特別措置法」も2015年5月に施行となりました。管理の行き届かない空き家が「特定空き家」に認定されると、固定資産税の大幅なアップや解体の勧告を受けることがあり、自治体の命令に違反した場合は50万円以下の過料が課せられる場合があります。

解体をするにも100万円を越える費用が掛かり、廃材・家具・ゴミの処分費も解体費用と同じくらい掛かってしまいます。

実家を相続することは、資産が増えるどころか、対策に悩まされ、解体費・処分費の負担が発生する可能性もあり、むしろ「負債」を抱えることになりかねません。

昨今「空き家となった実家をどうするか」は、次の世代にとって切実かつ重大な問題となっています。

では、空き家をどうするか? 活用方法としては大きくわけると以下の3つになるかと思います。

 

1.賃貸して収入を得る メリット :住宅として使用でき、家賃収入が得られる デメリット:貸し出しに備え内外装のリフォーム費がかかる、一度賃貸すると賃貸人の立ち退きが貸主の思うようにはいかないことがある。

2.売却する メリット :現金化できる。管理の手間がなくなる。固定資産税の支払いがなくなる。 デメリット:登記費用、(仲介業者に依頼した場合)仲介手数料がかかる。譲渡所得税がかかる。
3.更地(貸地)にする メリット :空き家の管理などに神経を使う必要がなくなる。幅広い活用の可能性が広がる。 デメリット:建物の撤去や整地に費用がかかる。「住宅用地の軽減措置特例」適用外となり、固定資産税の支払いが今までの6倍になる場合も。

 

しかし、実際には大きな決断となり、また、兄弟がいる場合は相続などの調整も発生します。

どの対策がベストな選択なのか、決めることは容易ではありません

どの選択にも不安な部分がありそうで難しく考えてしまい、そのまま放置してしまい空き家として残ってしまうケースが多いのだと思います。

 

本当に買取がベストなのか?どのタイミングで売却したほうが良いのか?そのような問題も含めタカオエステートへご相談いただければ、まずはお客様にあった活用方法をご提案させていただきます

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >

「確かな再販力から生まれる納得の買取価格」
今すぐWEBで簡単査定申し込み

中古住宅・不動産売却の相談窓口  TEL 0120-553584