BLOG

BLOG

- スタッフブログ

住宅ローンの滞納・・・どうすれば?

住宅ローンを組んで不動産を購入している人の中には、収入減少など何らかの事情によって月々の返済が困難になって滞納してしまう人も少なからずいますよね。

 

もし何らかの事情によってローンの返済ができなくなった場合、最初に起こるのが返済の催促です。2ヶ月間滞納が続くと次に届くのが督促状です。滞納が3ヶ月間続いた時点で代理弁済が確定となって債権者は裁判所に申告をしてあなたの自宅の競売の手続きを始めます。

 

住宅ローン滞納の問題が起きた時に、誰に相談すればいいのかわからず頭を抱えてしまうことも少なくありませんよね。

 

住宅ローンの返済に行き詰まっている時には任意売却という方法があります。任意売却とは、債権者との合意のもとで売却しますので、債務の返済に足りない場合が出てきても、分割での支払いにするなど柔軟な解決が可能になります。つまり、債権者側と相談してお互いにメリットが有る形で処分を行えるのが任意売却が選ばれるポイントです。

 

住宅ローンの滞納で悩まれているのであれば、一度不動産会社に相談してみましょう。まずはどれくらいの値段で売れるか知ることが重要です。

 

住宅ローンの滞納で悩んでいる方、一度タカオエステートに相談してみませんか?

 

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >

「確かな再販力から生まれる納得の買取価格」
今すぐWEBで簡単査定申し込み

中古住宅・不動産売却の相談窓口  TEL 0120-553584