BLOG

BLOG

- スタッフブログ

不動産売却後の確定申告は必要?

確定申告とは1年間の合計所得を税務署へ申告・納税することです。

一般的なサラリーマンは、会社が年末調整にて手続きを行ってくれるので不要になります。

もし、不動産を売却した場合、確定申告は必要なのでしょうか?

もう手放した不動産だし、何もしなくていいのでは...?

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

申告が必要であるかは、場合によって異なり不要な場合もあります。

それは売却によって利益が発生した場合です。売却金額から仲介手数料やその他の経費を差し引いてプラスになった利益の事です。

この場合、「譲渡所得税」として区分され、利益額に応じた税金を納めなければなりません。

反対に、売却して利益が残らなかった場合は申告も納税も必要ありません。

確定申告は引渡した年の翌年2月16日~3月15日までの間に行わなけれななりません。

必要書類も複数あり、場合により手続きが複雑になることもあります。

売れたから終わり!となりがちですが..ゆとりを持って忘れずに手続きを行いましょう。

 

 

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >

「確かな再販力から生まれる納得の買取価格」
今すぐWEBで簡単査定申し込み

中古住宅・不動産売却の相談窓口  TEL 0120-553584