BLOG

BLOG

- スタッフブログ

既存不適格物件の売却

既存不適格物件って何?と思っている方もいるかもしれません。

既存不適格物件(既存不適格建築物)とは、建築した当時は建築基準法を遵守して建築されたものの、法改正により現在は建ぺい率や容積率がオーバーになった物件のことをいいます。建物を建て替える時には、現行法による建ぺい率や容積率を守らなければならないので、以前より小さい建物しか建てられないことになります。このような物件が実際に売りに出されているのを目にすることは多くあります。こういった物件は、購入者が住宅ローンを組んで購入しようとしても、金融機関が融資してくれないことがあります。住宅ローンが組めないことがあるという理由で、買う人が限られることから、近隣の相場より安い価格でしか売れなかったり、なかなか売り手がつかない可能性もあります。ここで注意しなければならないのは、既存不適格建築物と違法建築物は同じではないということです。違法建築物は、合法に建物を建築した後、役所の許可を得ずに増築などをしてしまったケースです。もちろん当初から建築基準法を遵守せずに建築してしまったものも同様です。違法建築物は、金融機関の融資はかなり難しくなります。建築基準法の規定を知らずに増築してしまって違法建築物に該当し売るに売れない状況になったり、そういった物件を相続で取得したものの買い手が見つからず、空家になってしまい管理するのも大変だから、どうしても手放したいと思われている方など色々な理由でお困りの方がいるかと思います。また、仲介業者からも積極的に売却に取り組んでもらえないなど、どうしたらよいか悩まれている人もいると思います。そういった場合は、お一人で悩まずに弊社にご相談ください。買取りも含め適切なアドバイスをさせて頂きます。

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >

「確かな再販力から生まれる納得の買取価格」
今すぐWEBで簡単査定申し込み

中古住宅・不動産売却の相談窓口  TEL 0120-553584