BLOG

BLOG

- スタッフブログ

マンションは管理を買えというが・・・

中古のマンションを購入する際によくマンションは管理を買えと聞かれると思いますが、この管理とはいったい何を指すのでしょうか。マンションの管理は、ほとんどの管理組合が管理会社に任せていると思います。この管理形態は、全部委託、部分委託、自主管理に分けらており、それぞれの内容の詳細については省略しますが、管理費に影響を受ける部分なので慎重に検討しましょう。では、購入者はマンションのどこを見て管理の良否を判断すべきでしょうか、現地で判断できるのは、マンションの共用部分です。共用部分の利用状況でマンションの管理意識を見ることができます。例えば、エントランスは奇麗に清掃されているか、メールボックスが破損していたり、チラシなどが散乱していないか等です。最近ではペット飼育可能というマンションは多いと思いますが、エレベーターなどにペットの臭気が残っているマンションがあったりします。総戸数に対してエレベーターの数が少ないと出勤時や帰宅時間帯にエレベーターがなかなかこないという問題が起こったりもします。また、いつどのような修繕を行ったのか、修繕履歴を確認しましょう。大規模修繕積立金はマンションを維持していくために必要なお金です。修繕積立金が適正な金額かも重要な要素です。高価なマンションを購入しても資産価値を維持できるかは管理状況にかかってきますので、慎重にチェックして下さい。

<   Older Post 記事一覧へ Newer Post   >

「確かな再販力から生まれる納得の買取価格」
今すぐWEBで簡単査定申し込み

中古住宅・不動産売却の相談窓口  TEL 0120-553584